購入はこちらをご利用ください

自然の恵みの力で美しく健康な歯

水を使わない歯磨き粉

成分に関する先生方のご意見

エビデンス(※)と臨床経験から考えられた
生薬配合薬用歯磨きジェル

※エビデンスとは
辞書的には、「証拠、根拠、形跡」といった意味になります。医療の世界では、治療において効果がある、適切であると言える研究による科学的根拠や臨床結果を総称的に表現する言葉として用いられています。

抗菌力、抗酸化、血流促進効果のある
生薬配合

大口弘博士の厳選素材 自然の力を歯茎の力に

マスティック ヤシ油 クローブ(丁子) 甘草 グレープフルーツ種子 詳しく見る

その他の配合成分

  • 益母草体の老廃物の排泄を速やかし、血液をきれいにする浄血効果
  • ハッカ油清涼感、殺菌効果
  • ステビア葉抗菌、抗酸化作用

整菌で口腔環境を整える
歯科医師ならではのコンセプトで開発した歯磨き粉

歯周病、インプラント周囲炎(インプラント周囲に発生する炎症)の原因は、口の中の細菌(歯周病原細菌)による細菌感染と、噛み合わせ不良による咬合性外傷です。咬合性外傷の場合には噛み合わせの調整、インプラントの被せ物の調整を行います。

口の中には無数の細菌がいますが、病原性細菌と非病原性細菌に分かれます。歯周病に関与する病原性細菌としては、P.g.菌(Prophyromonas gingivalis)、T.f.菌 (Tannerella fosythia)、T.d.菌(Treponema denticola)の3種類が代表格です。口の中からこれらの細菌をなすくことは非常に難しいですが、菌数を少なくすることは可能です。また、それらの菌数を減らすことで体に良い細菌を増やすことができます。良い細菌を善玉菌とすると、口の中の状態を善玉菌優位の環境にしてあげる、整えてあげることで、歯周病やインプラント周囲炎の予防を行います。

購入はこちらをご利用ください

Copyright © 歯科医師がすすめるハーブオーラルジェル All Rights Reserved.